ノーマイライゼーションの理念に基づき、日本語を意思疎通手段とする聴覚障害者の社会生活におけるコミュニケーションの確保を行い、中途失聴・難聴者が自立と社会参加を図れるよう、要約筆記者を派遣します。

●要約筆記者派遣利用
要約筆記者派遣申請書(Excel)

要約筆記者派遣申請書(PDF)

機器利用申請書(PDF)

●依頼の流れ

申込方法

上記申請書に記入いただきFAXまたは、来所にてお申込みいただくこともできます。派遣日の1週間前までに申請をお願いします。※メールによる申請の受付は行っておりません。

FAX 0744-21-7888

申込受付時間

月曜日から土曜日 9:00~17:00(日、祝日、年末年始は休所)
FAXは24時間受付ています。

派遣の流れ

①依頼内容の確認・受理

日時・場所・内容・聴覚障害者の参加状況、費用・事前資料などの確認をします。

②要約筆記者の調整

依頼元と打ち合わせを行い、日時・内容・場所などによって派遣する要約筆記者を調整します。

③要約筆記者の決定

当日派遣する要約筆記者の氏名を依頼者に連絡します。
当日の待ち合わせや通訳環境の打ち合わせをします。

④要約筆記者との打ち合わせ

要約筆記者に③の打ち合わせ内容や関連資料などを提供します。

⑤通訳を実施

⑥要約筆記者の報告をもとに請求書を作成し郵送

⑦指定口座へのご入金

振込手数料はご負担ください。

注意事項・お願い

通訳者の人数
・申請書の内容と派遣時間に基づいて、要約筆記者の人数を判断させていただきます。
通常30分を超える会議・講演会等は、通訳を交代する必要があるため複数派遣になります。(10分交代が全国的な基準)

会場
・情報保障を円滑に行うため、機材の設営場所や入力席、マイクの聞こえ具合、会場の明るさ(特にプロジェクターを使用する場合等)の確認をお願いします。
・大会や集会等の場合、聴覚障害者の座席の確保や表示の配慮をお願いすることがあります。
・手書きは、書き手の交代のためローテーションを行います。パソコンは、長机2台分のスペースを必要とします。広めに設営場所を確保していただくよう、配慮をお願いします。
・講師等話し手の方には、要約筆記者を配置することを事前にお知らせください。

守秘義務
・資料の取り扱いには、細心の注意を払います。通訳終了後は、いただいた資料も含め全て主催にその場で返却、もしくは責任者がセンターに返却し破棄します。要約筆記者には守秘義務があり、通訳上知り得た情報を他に漏らすことは、禁止されています。

申請
・原則1週間前までにお願いします。
日程が迫ってからのご依頼は、要約筆記者の調整ができかね、やむなくお断りすることもありますので、ご了承ください。
・聴覚障害者の参加の有無が不明な場合、事前に申込みいただき、要約筆記者が不要と判断した時点で取り消していただくことができます。
・派遣場所は原則奈良県内です。県外派遣を希望する場合は、事前に相談をお願いします。

事前資料
・できる限り早急に、当日の進行次第、司会シナリオ、当日配布予定の資料、講演スライド、会場の配置図(大会や式典の場合)、その他参考となる資料をご提示ください。

記録
ロールやログは、記録ではありませんので、一切お渡しできません。